スピード重視ドゥカティDesmosediciGP19

ドゥカティDesmosediciGP19の特徴

ドゥカティDesmosediciGP19の特徴はイタリアンレッドが華やかなこと、フィリップモリス社のプロジェクト「Mission Winnow」の文字が強調されていることでしょう。
2018年度のモデルも赤でしたが2019年のモデルはより深みのあるイタリアンレッドになり華やかな雰囲気になりました。
「Mission Winnow」のロゴはイタリアンレッドにホワイトで描かれより鮮やかさを醸し出しているかのようです。

このようにイタリアンレッドのオシャレな雰囲気であるドゥカティDesmosediciGP19ですがレース用の車種ですからその機能はすばらしいものです。
何と言いましてもスピード重視のドゥカティのモデルですからレース用バイクとしての魅力はレースでわかるでしょう。

乗っているライダーをご紹介

ドゥカティDesmosediciGP19の二人のライダーをご紹介します。
まずはアンドレア・ドヴィツィオーゾです。

2019年でMission Winnow Ducati team(ミッション・ウィノウ・ドゥカティ・チーム)に7年目になるベテランです。
2018年はアクシデントに見舞われホンダのマルク・マルクス選手に負けてしまいましたがマルクス選手にとっては良きライバルでしょう。

2017年2018年と2年続きでポイントランキング2位でした。
ドヴィツィオーゾはこのことについて「とてもいいシーズンだった。」と言って振り返っています。
いくつかのミスを反省しながらも戦闘力については評価できるのではないかという前向きな発言でした。
そして2019年への意欲をのぞかせているのです。

彼は新しいマシーンにも期待を寄せテストを楽しみにしているようです。
そして去年よりも自信があるということも言っていますので今後の彼に期待できるのではないでしょうか。

次はダニロ・ペトルッチをご紹介します。
ペトルッチは2019年にドゥカティ・チームへ新加入です。
それまではドゥカティのサテライトチーム、アルマ・プラマック・レーシングにいました。

2018年は第5戦フランスGPで2位の表彰台に上がった実力派です。
MotoGPクラス参戦8年目になってやっとファクトリーチームの一員になりファクトリーバイクに乗りました。
ファクトリーバイクに乗った感想を「エキサイティング」と表現したペトルッチです。

さらに力強さがあったことやいい感触だったこと、今後の新しいマシーンのテストも楽しみとも明かしました。
そして去年は余り良くなかったけれども今年はこのチームに入れて嬉しいと言っています。

ペトルッチはドヴィツィオーゾを尊敬しているようで彼と同じチームで良かったと言っています。
そしてドヴィツィオーゾをクレバーで素晴らしいと褒めているのです。

ペトルッチもドヴィツィオーゾも新しいマシーンに大きな期待をよせています。
今後のドゥカティ―チームの伸びが楽しみです。
DesmosediciGP19が走り回る様子はかっこいいものでしょう。