甲高くパワフルな音にシビれる「ホンダ CBR250RR」の魅力

超高回転のエンジン音がたまらない「ホンダ CBR250RR」

ホンダのCBRは代々名機とも言われる素晴らしいバイクを送り出してきたシリーズです。
レースマシンとしても高い評価を受けていますし、ツーリング用の趣味のためのバイクとしても多くのファンがいます。
それだけ高いポテンシャルと安定性を持っているのが特徴で、バイク好きの心を熱くさせる魅力を持っていると言えるでしょう。

どのモデルにも熱狂的なファンがいますが、特にこの「ホンダ CBR250RR」はバイク好きにはたまらない良さを持ったバイクとして受け入れられてきます。
特徴的なのは19000回転まで回せるという超高回転型のエンジンです。

粘りがあり加速度が高い走りに加えて、独特のエンジン音が周りの人の注目を引くものとなっています。
F1マシンのようだ、とも評されるほどの甲高いエンジン音はスポーツバイクとしての魅力を高め、他のモデルにはない個性を与えるものとなっているのです。

ダブルのディスクブレーキもこのバイクを象徴するパーツの一つ

「ホンダ CBR250RR」には、「ホンダ CBR250R」という兄弟モデルがあり、基本的な構造は同じものとなっています。
しかし、さらに強化された各パーツの存在感は高く、すべての分野で性能向上が図られています。
そのうちの一つがフロントディスクブレーキです。

「ホンダ CBR250RR」では、ダブルのディスクブレーキを採用していて、高い制動力を与えることに成功しました。
高速走行をしている時でも、安心して体を預けられる性能の高いブレーキがあるというのはライダーにとってはとても大事なことです。
また、細かなブレーキングによって自分の思い通りの操縦ができるようになりますので、「ホンダ CBR250RR」を象徴する大事なニューパーツと言うことができます。

見た目にも美しいマシンの完成度が高い

「ホンダ CBR250RR」は、その走行性能やパーツの完成度だけでなく、見た目の美しさというのも大きな特徴です。
全体的なフォルムはアグレッシブでとてもスポーティーな感じがしますが、巧みなカラーリングとカウルの取り方によって、高級感があり落ち着きも感じられるデザインとなっています。

また、細部にもこだわっているのも特徴と言えるでしょう。
たとえばタンデムステップパーツは、使わない時にたたんでカウルの裏に収められるようになっていますので、見た目にすっきりとしています。
さらに、このパーツはステップとしても荷物をかけるフックとしても利用できるようになっていて、かなり使いやすくなっているのです。

細部にもこだわり抜いて、どんなシーンでもバイクという乗り物を最大限楽しめるように作られているのがこの「ホンダ CBR250RR」の魅力と言えるでしょう。