4気筒バイク「バンディット250」の魅力

ワイルドなスズキバイクと言えばバンディット250

1989年に発売されたスズキのネイキッドバイクとして親しまれているのがバンディット250です。
バンディットは山賊や無頼漢を意味することもあり、見た目が非常にワイルドな仕様。
鋼管丸パイプにダイヤモンド構造のフレームの存在感が抜群で、タフネスを見事に形にしたバイクとして多くの男性ライダーを虜にしました。

エンジンには水冷4気筒VCエンジンを採用し、油圧式システムを利用。
加速力が高くマックススピードまでの駆け抜けがスピーディーなモデルで、パワーも申し分ありません。
発売されてから後継モデルが続々と展開し、時代を超えて人気を集めました。

セパレートハンドル仕様も販売されており、ボディカラーも各種販売。
初期モデルではブラック、マーブルアドリアティックブルー、パールコスメティーホワイト、マーブルピュアーレッド、レスターテイタリアーノグリーンの5種とカラー展開がされました。
その後続いたモデルでも美しいカラーリングが特徴で、バンディットの特徴の1つとして受けがれたのです。

また後に販売された後期モデルではVCエンジンを呼気側切り替えに変更。
初期モデルよりもカムの切り替えをする加速フィールが高まった他、切り替え時の作動音に静粛性が加えられたことが特徴です。
後期モデルの方が前期モデルに比べて街乗りもしやすくなったと言えるでしょう。

2代目モデルで更なる進化を遂げたバンディット250

バンディット250は初期から更に改良を加えられ、後に2代目モデルも登場しました。
第二世代では外装を今までのルックスから一新し、スイングアームはアルミ製を採用したことで、車体重量を10㎏も落とすことに成功。
今までのパワータイプとは異なり、取り回しや小回りがしやすくなった分テクニックも重視したライディングができるようになったため、ライダー需要の幅が広まったのです。

また今まで400クラスにのみ搭載されていた可変バルブタイミング機構を搭載されたことで、低速から高速までスピーディーに対応。
カムプロフィールを高速用に切り替えると、よりスムーズなギアチェンジができるようになりました。
ビキニカウルが標準装備されたモデルも同時に発売され、向うところ敵無しのモデルとして世に広まったのです。

2000年頃にシリーズ生産終了

そんなバンディット250シリーズですが、2000年頃に生産が終了してしまい、多くのライダーが涙しました。
中古バイクでの人気もいまだに高く、当時の販売低価格よりも高値でやりとりされていることも少なくありません。
見た目も機能性もワイルドでクールなバイクだからこそ、今でも多くのライダーの心を惹き付けて止まないモデルと言えるでしょう。