100周年を迎えるスズキの歴史

創立100周年を迎えたスズキ

車からバイクまで世の中のありとあらゆる乗り物の歴史に携ってきた人気メーカーとして知られるのがスズキです。
スズキは創立100周年を迎えた現在も多くの乗り物を製造販売しており、その勢いは留まる所を知りません。
正に自動車の歴史を作ってきたメーカーの代表例と言えるでしょう。

そんなスズキですが元々は車やバイクではなく自動車産業を中心に経営をしていました。
最初は静岡県に鈴木式機織製作所として会社を設立した後、徐々に自転車産業へと発展。
自転車にエンジンをつけたら走るのが楽そうだなという発想の元、1952年に現在のスズキバイクの原点となるパワーフリーが誕生したのです。

今で言う原動機付き自転車の元祖とも言える商品で、ここから徐々にエンジン開発も開始。
1953年には原付自転車のダイヤモンドフリーで富士山登山レースで優勝を果たします。
その後1954年に4サイクルエンジン搭載車のコレダが発売、徐々にスピードメーターやマフラーと言ったパーツが取り付けられ、ペダルのない現在のバイクの形へと変貌。
常に高い技術を詰め込んだ乗り物を製造販売することで話題となり、スズキは瞬く間にバイクメーカーとして定着していきます。

数々のレースで華々しい戦績を残すスズキ

ハイスペックマシンを世に広く打ち出してきたスズキですが、その技術力の高さを生かして様々なレースに参加。
1962年にはRM62でマン島TTレースに参加し見事優勝、その後4連覇を果たします。

その性能の高さはレースだけに留まらず様々な業界で支持をされ、1971年には水冷2サイクル3気筒エンジンを搭載したGT750が当時の白バイ車として採用。
一般人だけではなく警察にも認められる車両を打ち出すこととなったのです。
その後も国内外を問わず精力的に製造販売に携り、2019年にはトヨタとスズキで資本提携をすることで、より確固たるメーカーとして世に知れ渡ることになりました。

スズキと言えばやはりこのバイク

スズキは様々なバイクを国内外を問わずに打ち出してきましたが、その中でもやはり忘れてはいけないのはカタナシリーズです。
正式名称、GSX-1100Sカタナは2000年にファイナルエディションが発表されるまでとかく人気を博し、現在でも多くのライダーが追い求める逸品です。

またGSX-R1100をフルモデルチェンジさせたハヤブサ1300もスズキを代表するモンスターバイクの1つ。
1999年に販売されたこちらのバイクは何と最高速度312㎞/hを記録して、世界最高速度をマークしました。
スズキの技術が一心に詰め込まれた正に代表的なバイクとして愛されており、一次入手困難に陥る程の絶大ブームを巻き起こしたマシンです。

スズキはこのように人気バイクを多数打ち出している有名メーカーです。
今後も更なる発展が期待される、安定のバイクメーカーと言えるでしょう。