テラモーターズの電動バイク

日本国内のみならず、海外でも電動バイクを販売しているテラモーターズは、我が国でもその知名度を次第に上げつつあります。
電動二輪という時代にマッチしたバイクを販売するテラモーターズには、日本だけでなく世界も注目しており、事実電動二輪は海外でも好調な売れ行きを見せています。
ここでは、テラモーターズが販売するバイクについてご紹介したいと思います。

新時代の到来を予感させるバイク

テラモーターズが販売する電動バイク、A4000iは、新しい時代の到来を予感させるに相応しいバイクと言えるでしょう。
見た目こそ、デザイン性の高いただの原付スクーターに見えますが、その最先端機能には目を見張るものがあります。

このA4000iはスマートフォンとつなげることができるという、現代の風潮ならではの特徴を持っており、アプリをダウンロードすることでさまざまな機能を使用することができます。
走行したデータの保持はもちろんのこと、そのデータをクラウドサーバにアップロードするといったことや、バイクのバッテリー残高をスマートフォンの画面を通じて確認することも可能となります。

テラモーターズという企業自体はまだまだ歴史が浅いですが、電動バイクの開発にかけた期間は実に長く、日本最高品質とも言える仕上がりとなっています。
そのため、最高の乗り心地と走行性能を秘めており、日本最高品質と言っても良いほどのクオリティを秘めています。

また、燃費が良いのもA4000iの魅力です。
従来のガソリン使用バイクと比べた場合、その圧倒的なコストパフォーマンスに驚いてしまうことでしょう。

見た目は普通のスクーター

テラモーターズが販売するSEEDは、低価格で購入することができる電動バイクです。
充電器で繋ぐだけでバッテリーを充電することができ、一回の充電料金はわずかに30円とコストパフォーマンスも非常に高いバイクです。

SEEDにはデジタルパネルが搭載されており、走行スピードはもちろんのこと、バッテリーの残り残高についても確認することができます。
非常に視認性が良いので、夜間の運転時や雨天走行時でもしっかりと現状を確認することが可能となるでしょう。

従来の原付スクーターバイクのように、大容量のメットインスペースがあるのも特徴です。
フルフェイスタイプのヘルメットを収納することもできますし、荷物をそのまま収容することも可能です。
もちろん、SEEDは見た目も普通の原付スクーターと変わりないため、一見するだけでは電動バイクとは分かりません。

違うのはバイクを動かすための燃料だけなので、今まで乗っていたスクーターバイクのように気軽に乗ることが可能です。
静穏性も高いですし、環境にも優しい、ひいてはお財布にも優しいとなればこれだけ人気となるのも理解できますよね。