テラモーターズ

日本でバイクを開発、販売しているメーカには、ホンダ、カワサキ、スズキなどがありますが、実はそれほど名の知られていない自動車製造会社も存在します。
テラモーターズと呼ばれるのがそれで、おそらくバイクファンの方やバイク好きという方でもあまり名を知っているという方はいないのではないでしょうか。
ここでは、このテラモーターズについて記述したいと思います。

電気自動車の製造会社

テラモーターズとは、日本の電気自動車製造会社で、主に二輪や三輪、シニアカーなどの開発、販売、製造を行っています。
工場は埼玉県にありますが本社は東京にあり、更にベトナムやフィリピン、インドといった各国にも支社が置かれています。

日本のバイクメーカーの殆どがそれなりに長い歴史を持っているのに対し、テラモーターズは設立が2010年と非常に新しく、新規参入の企業と言えます。
それもそのはずで、電気自動車、電機二輪車以外のバイクは一切開発しておらず、エレクトロニクスカーのみの開発、販売を行っているのです。

テラモーターズが販売している電動二輪車はデザイン性も高く評価されており、一見すると普通のバイクにしか見えません。
また、電動バイクと聞くと高額なイメージがありますが、テラモーターズが販売するバイクはそこまで高額な価格設定がされておらず、10万円を切る価格帯のバイクが販売されているのも特徴と言えるでしょう。

世界最先端の機能を搭載

テラモーターズが販売する電動バイクの中には、世界初となる最先端機能が搭載されたバイクもあります。
A4000iと呼ばれる車種がそれにあたり、このバイクなんとスマホと接続することができるのです。
スマホと接続することにより、走行データを記録したり、それをクラウドサーバーへアップロードするといったことも可能となるのです。

正にインターネット全盛の現代と見事にマッチした機能と言えるでしょう。
また、スマホと繋げることでバイク本体のバッテリーがあとどれくらいあるか、ということを目視で確認することができたり、様々な機能を使うことが可能となります。

電動バイクと聞くと、ややパワー感に欠けるイメージがあったり、加速性能が劣っているイメージがありますが、A4000iに至ってはそのようなことはありません。
最高速度65キロということで、従来の原付バイクになら負けないほどの出力特性を兼ね備えています。

これまでテラモーターズというバイクメーカーの名前を全く知らなかった方も、わずかに興味がわいたのではないでしょうか。
確かに、本格的なモータースポーツを行えるほどのパフォーマンスを持ったバイクはありませんが、日常的な通勤や通学といったシーンには充分耐えうる力を持つバイクを販売していますから、興味のある方は詳しく調べてみるのも良いでしょう。