四国のモーターレーシング大会で楽しくスキルアップ

四国では4つの県からモーターレース好きが集まり、様々なモーターレーシング大会やイベントが開催されています。
一般の人が参加しやすい大会が多いのも特徴かもしれません。
四国モトフェスティバルは、瀬戸大橋に近い徳島県内にある阿讃サーキットで開催される、四国最大級のイベントです。
徳島県徳島市内からは1時間20分ほど、香川県高松市内からは約1時間、愛媛県松山市内からは約3時間、高知県高知市内からは約2時間30分と四国地方からのアクセスがよく、4県から多数の参加者が集います。
また瀬戸大橋から1時間20分なので、関西方面からの参加者も見られます。
その年によりイベント内容や企画が多少異なっており、自然の美しい広大でのどかなサーキットを一般レーサーも走行することができるのです。

ミニバイク耐久レース

たとえば、ミニバイク90分耐久レースやエキシビションスラローム大会などが開催されます。
また香川県のカートランド四国では、四国ラウンドが開催されていますよ。
M4カートレースのイベントで週末の2日間を利用し、2時間耐久レースおよび10周スプリント、4時間耐久レースなどが開催されるのです。
ドライバー3名以上のチームで、2日間のレースにダブりエントリーすると、エントリー費用が割り引かれるなど、積極的な参加を促す特典も用意されていますね。
チーム構成は3名から10名までで、1チームを構成してエントリーします。
この大会は、実は勝負にこだわることを目指す大会ではありません。
レンタルカートを使って、安全に楽しく耐久レースの完走を目指すことが主題となります。
このイベントは、あくまでも多くの参加者にモータースポーツの楽しさを体感してもらうのが目的です。

イベント成功を成功させるために

そのため過度に勝負にこだわる方や、他人の走行を邪魔する、運転マナー等が悪いなど、イベント主旨にそぐわない方は参加できないことになっています。
参加資格は基本的に18歳以上の普通自動車運転免許取得者ですが、18歳未満のドライバーも大人3名以上のチームにつき1名まで認められます。
あくまでも耐久レースを楽しみや、完走するのが目的であり、勝つためにジュニアドライバーを参加させることは認めないという徹底ぶりです。
フルフェイス型のヘルメットと、安全走行が可能な服装が用意できれば参加でき、モーターレース好きなら誰もが気軽にレース体験ができる嬉しいイベントです。
いずれも観戦するだけでなく、自ら参加して楽しめるモーターレーシング大会となっています。