Ninja ZX-6R(カワサキ)

レース専用モデル Ninja ZX-6Rの特徴とは

Ninja ZX-6Rといえばライダーなら多くが知っている大人気のスーパースポーツモデルです。
Ninja ZX-6Rのレース専用モデルの特別販売は大きな話題になり、ライダーたちから注目の1台となりました。

ハイパフォーマンスな走りを実現したのは高回転域で性能のいいエンジン、またサーキットを走るマシンとして高いコントロール性も持っています。
コーナーに入る際にも有能なコントロール性は、優れたマシンであることを証明しています。

装備も最高峰を搭載

レース専用モデルとして作られているため、イモビライザーは非装着です。
ギヤポジションインジケーター、フューエルインジェクション、SHOWA製ビッグピストンフロントフォークを採用しています。
SHOWA製のビッグピストンフロントフォークを採用したことにより、マスの集中化、さらにマシンの軽量化を追求できています。

カワサキといえば公道走行マシンが有名

カワサキといえば公道を走行する魅力あるマシンを作る事で有名なメーカーです。
スーパースポーツバイクといっても実用性と利便性を持っているバイクを作る、という事がカワサキのモットーとも感じられます。
ビッグバイクのような重厚感のあるハンドリングは軽すぎないイメージで、公道をしっかり安定走行できるカワサキのバイクは、一般ライダーたちに高い人気を誇っています。

そこにNinja ZX-6Rが登場したのは、カワサキが活躍の舞台をサーキットに持っていく決心があるのでは?という事も感じさせます。
カワサキらしい部分を少しずつそぎ取っていく、そこで生まれたのがNinja ZX-6Rといえるのかもしれません。
ロードも楽しめる正確無比なトラックツールというこのNinja ZX-6Rのキャッチコピーを見ても、これから先、カワサキが目指すものが少しずつ変化していくイメージがあります。

魅力ある排気音、カワサキらしいともいえる実用的なトルク

Ninja ZX-6Rはスーパースポーツと思えないトルク、これはビッグバイクに匹敵するもので、エンストする怖さのないバイクです。
高速走行しても中速トルクは特に魅力的で、シフトをチェンジしなくてもしっかり走ってくれる安定性は見事です。
安定感のあるハンドリング、コーナーを探してしまうくらいの高性能なトルクは、カワサキらしいバイクと感じ、公道においても最高の走りを提供してくれるバイクといえるのです。

サーキットにおけるパフォーマンスを追求したというNinja ZX-6Rですが、公道を走る事にも最高のパフォーマンスを見せてくれるマシンです。
街中でも走りやすいと感じさせるマシンは、さすが、カワサキといった所です。
足回り模様、ライディングポジションに至っては公道でも疲れにくさを追求しており、サーキットよりといわれるNinja ZX-6Rでも、カワサキの公道を走る最高のバイクを提供するという部分は決して崩れていないと感じさせてくれるバイクです。