Ninja ZX-10R(カワサキ)

発売当初から長年人気を集めているニンジャシリーズ

多くのライダーが愛してやまない、正に日本人のためのバイクとして人気が高いのが、ニンジャシリーズです。
例年、様々なタイプのニンジャシリーズが販売され、その都度多くのライダーから人気を集めているタイプのバイクといえるでしょう。

そんなニンジャシリーズの中でも、最新型テクノロジーが搭載されたことで話題となったのが、カワサキ ZX10Rです。
2015年にワールドスーパーバイク選手権シリーズでチャンピオンを獲得したバイクとして知られており、その高いテクノロジーが、ニンジャファン以外からも注目されました。
カワサキのレーシングチームが培ってきたノウハウを全て詰め込んだと言っても過言ではない、正にニンジャの中のニンジャとして知られているのが、ZX-10Rです。

エンジンのパワーと裏腹に、扱いやすい

ニンジャと言えば、やはりエンジンの爆発力。
そのパワーは圧倒的と言っても過言ではなく、ニンジャのように颯爽と駆け抜ける姿は、見るものを圧倒することで知られています。
ZX-10Rでは、そんなニンジャの魅力を残しつつも、街乗りでも便利な、低中回転も安定することが出来るトルクを採用。

その結果、高回転でのスムーズさはもちろん、スピードが安定しにくい街乗りでも、安心して乗ることが出来るようになったといえるでしょう。

更に、カワサキの量産車では初となる、最新小型IMU装置を搭載。
車体姿勢を運転のしやすいようにコントロールし、ライディングスキルが低い方でも、安定した走りをすることが出来る点が大きな特徴といえるでしょう。
エンジンパワーが上がれば上がるほど、車体姿勢は重要なポイントとなり、ある程度のライディングスキルが無い方でないと、転倒の恐れもあることで知られていました。
ですが、IMU搭載のニンジャであれば、初心者でもスムーズに乗り入れ可能になるといえるでしょう。

ニンジャらしい洗練されたフォルムとカラーリングも魅力

ニンジャと言えば、やはりその特徴的なデザイン、フォルムも魅力の一つです。
無駄な部分が何一つない、洗練されたニンジャのデザインに魅了されて、ニンジャデビューしたという外国人も少なくありません。

ZX-10Rは、ライムグリーン、パールブリザードホワイト、エボニーの三色をメインカラーとし、それぞれの個性を放つデザインが販売されています。
ニンジャの刻印もファッショナブルで、洗練されたニンジャにふさわしいルックスを持ち合わせているといえるでしょう。

このように、長年のニンジャファンを始め、初ニンジャの方でも安心して乗ることが出来るような、高い機能が搭載されているのが、カワサキのZX-10Rになります。