ZRX1200 DAEG(カワサキ)

ZRXを継承する日本専売のマシン「ZRX1200 DAEG」

人気だった先代モデル、ZRX1200 Rが生産終了、次世代を担うマシンとして登場したのがZRX1200 DAEGです。
ミッションが6速化されており、日本専売モデル、輸出されないマシンという特徴を持っています。
またブレーキがペダルディスクだったり、燃料においてもハイオク指定という変化は、従来モデルの進化版として受け取る事が出来ます。

ZRX1200 DAEGを見るとわかりますが、非常に特徴的なビキニカウルを持っています。
カワサキ伝統のデザインともいえる特徴を各部署に持っているZRX1200 DAEGは、男性が乗るマシンとも感じさせる「硬派」なイメージを持っています。

魅力的なディティールも特徴

ZRXといえばビキニカウルですが、その印象を残しつつ、ZRX1200 DAEGはエッジを利かせたシャープな印象です。
ウインカーはクリアタイプ、ヘッドライトにはマルチリフレクターを採用し、メーターはシンプルに2眼式、アナログ式のタコメーターが非常に魅力あるフォルムとなっています。

日本専売という事で、日本人の体格に合わせた作りとなっています。
タンクの形状も日本人の標準的体格、体型に合わせて作られており、ランク後部にはダエグの文字、シンプルでかっこいいイメージのデザインです。

身長178cmのライダーが乗ると両足がしっかり地面に接着できます。
リヤシートとの高低差が少ないという特徴もありますし、シートのくびれ具合が調といい感じに作られているので、内ももに違和感なく乗車できます。

タンデマーが乗る場合にも、ライダー側シートに段差があり、タンデムシートがかなり広く取られているため乗りやすく窮屈というイメージもありません。
安定してタンデムできるというのもこのバイクの魅力でしょう。
タンデムありきでバイクを購入される方もこのバイクなら納得です。
エンジンは中高速域でもスムーズな伸びを見せるようにパワーフィールを追求、燃料供給がしっかりコントロールされるFIが採用されています。冷却能力はZRX1200 Rより16%、向上されています。

カタログを見ればZRX1200 DAEGの魅力がわかる

カタログ作りに力を入れているカワサキ、それはトップモデルとしての魅力を伝えるのに、カタログが最高のアイテムだからです。
ZRX1200 DAEGを購入してからも取説のように読みかえす事が出来る、そんな風に作る事をモットーとしています。
カタログを見ると、ZRX1200 DAEGの魅力をめいいっぱい感じる事が出来ますし、美しいフォルムや性能の豊かさなどを伝えるツールとなっています。

日本限定で販売されているZRX1200 DAEGは、日本人が乗ってこそその魅力を一番感じられるバイクといえます。
乗り味にはZRXのよさを従来通りに確保し、それでいて美しいデザイン、いい走りを提供してくれているZRX1200 DAEGは、魅力あるバイクといえるでしょう。

ZRX1200 DAEG・・・