折りたためる!コンパクト原付電動バイクとは

折りたためば片手で持ち運べるほどコンパクトになるバイク

バイクはとても便利な乗り物ですが、実際に購入するとなるとためらってしまう人も多くいます。
その理由は様々ですが、一つには駐車スペースがない、場所を取ってしまうのでいらないと考える人もいるでしょう。
そんな悩みを解決してくれるバイクが、この「glafitバイク GFR-01」です。

このバイクの最大の特徴はコンパクトさで、まず折り畳みができるというのが大きなメリットです。
中心に太めのフレームが配置されていて、それがバイクのパーツを支えているのですが、そのフレームが半分に折れる形で折り畳めます。
また、ハンドルやフォーク部分も折りたためる構造となっていますので、かなり小さくまとまります。

完全にたたんだ状態にすると片手で抱えられるくらいになります。
この状態だと、使った後に抱えて家の中に持っていき、玄関スペースや部屋の中に簡単に収納できるようになるのです。

いろいろなところに持ち運んで使えるのも便利

この「glafitバイク GFR-01」は、総重量が18㎏となっていますので、男性であれば持ち運ぶことも可能です。
そのため、車にちょっと積んでアウトドアに行った際の軽い移動手段として用いるという使い方もできます。
さらに、電車やバスに積み込んで、長距離の移動は公共交通機関を使い、ちょっとした距離を行くにはこのバイクを使うというのも賢い使い方です。

独特の個性を持っているため、いろいろな使い方が考えられるユニークなバイクですが、これからさらにデザインや走行性能、連続航続距離の伸長などを図り、より広い範囲で用いられるようにすることが課題となっています。
コンパクトでエコ性能が高いバイクは、より行動範囲を広げるのに役立ちますので、そのベースとして素晴らしい役割を果たしてくれることになるでしょう。

街でのちょい乗りでは十分なスペック

この「glafitバイク GFR-01」は、コンパクトさと軽さをメインとしているバイクですが、スペックの点でも悪くない評価を得ています。
日本においては原付バイクとしての分類となり、当然のことながら公道でも走行することができます。

リチウムイオン電池を搭載していて、フル充電までは4~5時間となっています。
フル充電の状態で40キロ程度の距離を走ることができますので、チョイ乗りでは問題ないスペックです。
最高速度は時速30キロ程度と控えめですが、街中をちょっと走行する分にはちょうど良いくらいでしょう。

バイク本体やバッテリーには一年間の保証が付いています。
ニュータイプのバイクとして注目を集めていて、これからいろいろな場面で目にすることが出てきそうなバイクです。

折りたためる!コンパクト・・・