ホットロード

映画 ホットロードに出てきたヨンフォアは何のバイク?

主演に能年玲奈さんを迎えて作り上げられた、人気コミックスの実写映画化、ホットロード。
累計発行部数700万部を突破するほどの超人気作品の実写映画化として当時話題になり、映画化のクォリティの高さから、原作ファンをも魅了したとして知られています。

そんなホットロードですが、劇中に登場する不良チーム、ナイツに所属する、春山が乗っていたバイクが気になるというライダーが少なくありません。
春山が乗っていたバイクは通称ヨンフォアと呼ばれていましたが、このヨンフォアも、実在するバイクとして知られています。

そのバイクは、ホンダのCBR400Fと、CB400Fです。
1980年代にライダーから高い人気を集めていたバイクとして知られており、現在では、プレミアムバイクとして、非常に価値の高いバイクになっています。

オートバイブームに対抗するべくフルモデルチェンジ

そんなヨンフォア、CBR400Fですが、もとはベースモデルとして、別のモデルが販売されていました。
それは、CBX400Fと呼ばれるモデルです。

当時激戦区と呼ばれていた400ccクラスに対抗するべく販売されていたCBX400Fでしたが、他社に押され、発売後二年でフルモデルチェンジを果たします。
その結果生まれたのが、CBR400Fです。

CBR400Fでは、空冷4ストロークDOHC直列4気筒エンジンを搭載し、発売当時最高出力、最大トルクを記録する、非常にパワフルな商品として、衝撃を与えました。
とても400ccクラスとは思えないその圧倒的走りは他を凌駕し、多くのライダーの心を掴んで離さなかったと言われています。
プレミアムバイクならではの見た目の美しさも、ライダーの心を鷲掴みにした一因であるといえるでしょう。

CB400Fも負けていない!扱いやすさは圧倒的

そして、CB400Fも負けてはいません。
CBR400Fと同じように、非常に高いパワー、スピード力を持ち合わせているものの、比較すると、圧倒的操作性の高さが、実用的なことで知られています。

日常生活で利用をすることが多い、低回転域、中回転域でも扱いやすく、高回転域でも、変わらぬパワフルさを持っているとして、街乗りには非常に向いているタイプといえるでしょう。
装備の面に関しても、フィット感、乗り心地、その他様々な機能が搭載されており、実用的で現代にも溶け込んでいるバイクと言っても過言ではありません。
使い勝手や快適性にとことんこだわり抜き、安全面も重視して製造されたタイプのバイクといえるでしょう。

このように、二種類のヨンフォアが、ホットロードの中では利用されています。
劇中のシーンに合わせて、それぞれの利点を生かしながら撮影をしていたことでも知られているでしょう。