ゴースト・イン・ザ・シェル

ゴーストインザシェルの近未来バイクNM4

漫画「攻殻機動隊」を元にして、ハリウッド実写映画化した、「ゴースト・イン・ザ・シェル」
SFアクションものとして、近未来的世界観が話題となっている作品ですが、このゴーストインザシェルの中に登場する近未来的バイク、ホンダのNM4が気になっているライダーは少なくありません。

このNM4はフィクションと思いきや、ノンフィクションで、実際に販売されているバイクです。
主人公が乗車するヒーローバイクとして活躍し、その近未来的デザイン、そして高い性能から、車両提供がなされたことで知られています。
ヒーローバイクの名にふさわしいことはもちろんですが、世界観にマッチした商品として、撮影時には、車両の新たなデザインスケッチまで提供されました。

ホンダのNM4は自動と手動が選択可能

近未来とCOOLをコンセプトに作られた、ホンダのNM4。
高い走行性能が近未来的として、多くのライダーを魅了しています。

その中でも特に注目をするべきは、シフト操作。
デュアル・クラッチ・トランスミッションシステムを採用したNM4では、シフト操作の自動、手動を選択することが可能となっています。

自身の走りの好みに合わせて選択をすることが出来る新しいタイプのバイクとして、乗り方に合わせた設定をすることが出来るでしょう。
シフトモードの一つである、Sモードは、従来のエンジン回転数に比べ、更に高回転に設定することが可能で、シフトチェンジをしたときのブレを抑えてくれます。

シフト操作以外にも、排出ガスを効率よく浄化するキャタライザー機能や、自動ブレーキロックがかからない、ABSシステムを採用。
更に、ラジエーターの冷却効率を上げる左右エアダクトや、こだわりの排気音を奏でるマフラーまで実に様々な機能が搭載されているといえるでしょう。

COOLなデザインがライダー心をくすぐる

機能性の高さだけではなく、近未来的デザインも、NM4の大きな魅力です。
外観デザイン、フォルムの近未来感は言うまでもありませんが、LEDウィンカー、LEDテールランプなどの、積極的なLED導入が、近未来感をより引き立てます。

特に注目するべきはデジタルメーター。
走行モードに合わせて色が変わる、自動可変色タイプが搭載されており、設定によっては、自分の好きなカラーを選んで単一色で表示をすることも出来ます。
選べるカラーリングは25種類と豊富で、設定次第で自分好みのバイクをデザインすることが出来るといえるでしょう。

ゴーストインザシェルでは、近未来的世界観が描かれていますが、NM4は正に、世界観にピッタリのバイクとして、劇中に華を添える存在であると言えます。